20代の女性の体重とダイエット

20代の女性で体重が気になるという人も多いでしょう。体重を減らすためにはダイエットを行う必要があり、食事量を減らして運動をすればどんな人でも痩せることができます。しかし、それだけでは効率よく痩せられないこともありますし、基礎代謝や体質などは年齢によって異なります。また、ライフスタイルのことも考えたうえで取り組んだ方がダイエットに成功しやすくなるということです。20歳台の女性が効率よく痩せたいという場合、運動ダイエットよりも食事ダイエットの方が良いとされています。なぜ食事に気を付けると良いのかという理由はもちろん、おすすめの方法についても知っておくと良いでしょう。この年代は最も代謝が良い時ですし、少しくらい食べ過ぎてもすぐに体重が増えることはありません。また、あまり運動をしなくてもすぐに体重を元に戻すことができるでしょう。特に学生時代に運動をしていた人の場合、筋肉量は減っても代謝は良くなっています。ちなみに、20歳以上になると一人暮らしを始めたり社会人になる人も増えますし、食事の自立をする人が多くなります。家族と食事の時間が合わなくなったり、付き合いで夜遅くまで食べたりすることも増えますし、一人暮らしの人は外食が多くなってしまうこともあるでしょう。確かに一人暮らしの場合は自炊をするのが面倒だと感じるかもしれません。また、この年代は朝食を食べない人が多いという特徴もあります。20~60代の中で最も朝食を食べないのはこの年代という結果が出ており、全体の28.6%の人が朝食を食べていないということです。30代以上になると朝食を食べる人は増えてきます。また、20歳台には夜の外食が多いという特徴もあります。夕食を自宅で食べる人が少ないという結果が出ていますが、外食で済ませると栄養バランスが偏ってしまうこともあるので注意しましょう。

20代の女性は代謝が良いので気になる体重を減らしやすいとされています。しかし、全ての年代の中で最も食生活が乱れやすいとされており、実際に朝食を食べない人が最も多い年代となっています。また、食事回数が少なかったり、不規則な時間に食事を摂っていることもありますし、他の年代よりも外食をする人が多いのです。その理由としては仕事をしていて自由に使えるお金が増えることや結婚をせずに一人暮らしをしている人が多いことなどが挙げられます。一人暮らしや未婚の場合は自炊をしない人もいますし、不規則な生活をしていても代謝が良いので太りにくく、危機感に迫られないという人も多いでしょう。20歳台は食生活が乱れやすいという特徴があるため、運動よりもまずは食事内容を改善してダイエットに取り組むことが大切です。しかし、極端な糖質制限やカロリー制限などは行わない方が良いとされています。この年代は代謝も良くダイエットの効果が出やすいということですが、年齢を重ねるにつれて食事制限の効果が出にくくなります。食べたいのに我慢しているストレスと食べていないのに痩せないストレスが溜まってしまいますし、結果として暴飲暴食をしてしまうこともあるのです。制限ダイエットと暴食を繰り返すとセルライトがつきやすくなりますし、ホルモンバランスが乱れて痩せにくい体質になってしまうということです。最近ではさまざまなダイエットが流行っているのですが、20歳台は食生活の乱れが原因で人ってしまうことが多いため、まずはバランスの取れた食生活を心がけましょう。朝食を食べることや3食を規則的に摂ること、睡眠を取る4時間前までに夕食を食べ終わることなどがポイントです。このような基本的なことに気を付けるだけでも理想のスタイルを手に入れることができるでしょう。

小宮生也の明るい老後