体重が気になる30代女性のためのダイエット

30代の女性は仕事でどんどんキャリアアップして忙しくなったり、子供が幼稚園や小学校に入学したり次の子ができたりして人生にいろいろな変化が起こるので、生活習慣が変わったり気持ちが落ち着かないなど不安定な時期を過ごすことになってストレスがたまりやすいのが特徴です。仕事がうまくいかなかったり子育てが大変でイライラするとつい食べ過ぎてしまい、気が付いたら体重がかなり増えているケースもあるので、昔の服がきつくなってしまったり鏡に映った自分を見ておなかや太もものたるみが目立ってショックを受けることもあります。

10代や20代の頃は少しぐらい食べ過ぎたり無理をしても急激に太ったりすることはなくて、軽く運動をすればすぐに体型が元通りになってダイエットをするのも簡単ですが、30代を過ぎると基礎代謝量が落ちて一日に必要なカロリーが少なくなるので、今までと同じような食生活を続けていると余計なエネルギーが全て体脂肪として蓄積されてしまいます。特に女性は中性脂肪がつきやすく、たるみやぜい肉が気になるので食事を見直したり運動量を増やすなどの対策が必要です。妊娠・出産で増えてしまった体重も、20代前半の人に比べると落としにくくなるので元通りのスタイルになるためにはかなりの努力をしなければいけません。大好きなスイーツやお酒も若い頃と同じような感覚で食べ過ぎたり飲みすぎたりすると、すぐに体脂肪に変換されて体に残ってしまうのでスポーツをしたり脂質や糖質を吸収しにくいような体質になるためのサプリや健康食品を使うなど根本的な対策を行いましょう。

ダイエットは単発で行っても長続きしないので、長期的な目線で考えて自分に合った方法を選んで毎日取り組むことが大切です。成功すればいつまでもスリムできれいな自分でいられるのでチャレンジしてみましょう。

30代以降の女性は基礎代謝量が10代や20代前半の頃に比べてかなり下がってしまうので、一日の摂取カロリーを調節して食べ過ぎないようにすることが大切です。一食を特定の食品に置き換えたり、低カロリーで食物繊維やビタミンがたくさん入っている食材を使うなど工夫して必要以上にエネルギーを摂取しないようにしましょう。どうしても甘いものや脂っこいものを食べたいなら、次の日は普段より控えめに食事をするなど1週間の献立を調整するようにすれば急激に太ることはありません。仕事や子育てが忙しくてきちんと食事を作る暇がないときにはダイエット用の健康食品やシェイクなどを使うのもおすすめです。カロリーが表示されているので自分で計算しなくても一日の摂取量を調節できて、ビタミンやミネラルも入っているので美容と健康にも効果的です。

体重が気になるときには、急激なダイエットをしなくても少しの工夫で痩せたように見えるコツもあります。お通じが悪くていつもおなかが苦しい人は便秘を解消することでウエストが細く見えたり、むくみやすい人は半身浴やマッサージで余計な水分を取れば脚が細くなったりします。筋肉を落とさないようにすることも重要なので、ウォーキングや縄跳び、ストレッチなどの有酸素運動を行えば体脂肪を効率よく燃焼すると同時に筋肉を増やして基礎代謝をアップさせたり、たるみを解消して引き締まったスリムな体になる効果もあります。

30代の女性は生活の変化が激しい時期なので食生活が乱れがちで体重がすぐに増えてしまう傾向があります。特にストレスが溜まっている人は要注意で、食べ過ぎが続くとあっという間に体脂肪がついて太ってしまいます。適度な運動をすればストレス発散やリラックスにもつながるので、食事を見直すと同時に軽いスポーツを行ってダイエットを成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です