体重を減らしたい40代女性のためのダイエット

若い頃はスリムだったのに最近急におなかが出てきたり二の腕や太もものたるみが気になってきたという女性は多くて、40代を過ぎると急に中性脂肪がつきやすくなるので今までと同じ食事をしているとすぐに体脂肪が増えて体重が増加してしまいます。気になるたるみを解消するためにはダイエットが必要ですが、20代の頃と同じ方法で行っても効果が出ないので自分の年齢に合わせて適切なやり方で長期的に取り組むことが大切です。

年齢を重ねると筋肉の量が減ったり成長に必要なエネルギーが不要になることで基礎代謝量も少なくなります。そのため、若いときのように食べ続けていると余ったエネルギーが全て体脂肪に変換されてしまい、特別大食いではないのに体重が増えてしまうことになります。ダイエットをするためには摂取カロリーを減らすと同時に消費カロリーを増やすことが必要なので、毎日の食事を見直して余計なものを食べないようにしたり一食あたりのカロリーを調節して必要以上にエネルギーを摂取しないように気をつけましょう。消費カロリーを増やすためには体を動かすことが第一なので、自分でスポーツを始めたりジムやプールに通うなどの工夫をしてなるべくたくさんエネルギーを消費できるようにしましょう。若い頃は新陳代謝が盛んで食べたものをすぐ活動エネルギーに変換できても、一定年齢以上になると体の機能が弱まってくるので有酸素運動を長く続けたりしないと細胞を活性化させて体脂肪を効率よく撃退することができません。特に女性は男性に比べると筋肉の量が少ないので基礎代謝量も少なくて、エネルギーをあまり必要としないため食べ過ぎてしまうとどんどん太る結果になってしまいます。体重が気になるならまずは自分の生活習慣や食生活を見直して、余計なカロリーをカットするようにしましょう。

40代の女性がダイエットをするときには、筋肉を落とさないようにして体脂肪を減らすことを心がけて行うのが大切です。たるんだお肉が気になるときも、筋肉を育てれば引き締める力が強まっておなかや腕、脚のたるみを撃退できます。筋肉が増えればその分一日の消費カロリーも多くなるので食べたいものを我慢しなくても太りにくくて痩せやすい体質になることにつながります。

ダイエットのためにはなるべく健康な体を作るための食材を積極的に食べる必要があるので、ビタミンやミネラルのバランスを考えて野菜と果物をしっかり摂り入れたメニューを考えましょう。筋肉を作るためのタンパク質は鶏のささみや大豆製品などカロリーが低い食品を活用するのがおすすめです。年齢を重ねると腸内で乳酸菌が減ってしまうので、腸内環境を整えてお通じをよくしたりおなかの出っ張りを解消するためにヨーグルトなどの発酵食品も毎日食べると効果的です。内側からきれいになればデトックスをして肌を蘇らせたり、新陳代謝が盛んになって細胞も活性化されるので体重を減らすためにも有効です。どうしてもスイーツやフライなどを食べたくなったら次の日の食事を減らしたり、サプリなどを使って栄養バランスを整えるようにしましょう。ストレスがたまるとダイエットに失敗する原因になるので、時々自分の好きなものを食べてリラックスするのも長期的に見れば有効な方法です。

運動をするならインナーマッスルを鍛えられるヨガや水中ウォーキング、自宅で簡単にできるエクササイズやマッサージ、縄跳びなどの有酸素運動が効果的で、筋肉を維持しながら体脂肪を燃焼させて引き締まった体を作れます。1人で行うのが辛いときは同じ目的を持つ女性同士で一緒にスポーツをしたり競い合ってダイエットをすれば成功する確率も高まり、目標体重を目指すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です